スポンサーサイト

2015.04.22 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    腎臓病の症状の改善や予防は、食生活と大きな関わりを持っています。

    2015.04.09 Thursday

    0
      腎臓病は、持って生まれた体質が原因で症状を発症することもありますが、そうでない場合には、喫煙、生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満など)、加齢が原因となっていることも少なくはありません。
      腎臓病が心配な方は、とりあえず食習慣の見直しを行い、生活習慣病の改善を行い、喫煙しているのであれば、本数を減らすなどの努力を行いましょう。また、タンパク尿が腎臓病やその前触れであることもありますので、心配であれば、セルフで検査を行える試験紙を購入し、検査を行ってみましょう。この際に陽性反応が出た場合には、直ちに内科で受診することをおススメします。
      また、腎臓病の症状の改善や予防は、食生活と大きな関わりを持っています。
      生まれつきの体質で腎臓病を発症してしまったとしても、食生活に工夫を取り入れることで症状を緩和することは可能です。
      腎臓病の食事で最も注意したい点は、タンパク質を控えるということです。タンパク質というと、肉類や魚類を思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、牛乳や卵にもタンパク質が含まれていますので、これらを含む食品は避けたほうが良いでしょう。
      案外見落としがちなのが、お菓子やケーキです。これらの食品には、牛乳や卵がたっぷりと含まれているものがありますので、うっかり食べ過ぎてしまわない注意が必要です。
      そして、塩分の過剰な摂取も避けなければなりません。塩分は、腎臓に大きな負担をかけますし、高血圧の原因ともなります。なるべく薄味の食事に慣れましょう。
      まずは上記の事柄に注意を払いながら食事を摂取する必要がありますが、熱量はきちんと適量摂取しましょう。
      ご自身での食事管理が難しい場合には、病院に相談して栄養士さんにメニューを考えてもらうという方法があります。
      JUGEMテーマ:腎臓病

      スポンサーサイト

      2015.04.22 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする