スポンサーサイト

2015.04.22 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    食生活で改善していくことが可能なんです。

    2015.03.03 Tuesday

    0
      腎臓病で悩まされている方々は、この日本中でたくさんいらっしゃると思います。
      実際に私の周りにも腎臓病を患っている方がいるので、とても悲しく思います。
      腎臓病について知らない方のために、主な症状を説明していきます。
      腎臓病とは、その名のとおり、腎臓の働きが悪くなる病気のことです。
      どんな働きを主にしているかと言いますと、体の中の毒素や老廃物の除去、
      水分の調節といった、とても重要な役割を持っているのです。
      その重要な役割を持った腎臓がいかれてしまうと、体にいろいろな症状を
      もたらすことになるのです。
      例えば、尿毒症という重い症状が出たりします。
      その尿毒症とは、意識喪失にいたることの多い脳症状や、胃腸障害など全身に
      多くの症状が見受けられるようになります。
      こういった症状を防いでいくためにはどうしたらいいのか、いろいろ調べたところ、
      食生活で改善していくことが可能なんです。
      もちろん、腎臓病だけに対してだけに効果があるわけでなく、ほぼすべての病気は、
      食生活の見直しによって、改善されている、治ってくるといった例が
      多数あげられているのです。
      生まれつきの体質などによっても、いろいろ症状が変わってきますが、
      基本的に食生活で少しでも症状を和らげることが可能なんです。
      実際に、病院に通わずに自力で治したという方もいるぐらいなんですよ。
      そこで、どういった食生活の見直しをしていけばいいのかをご紹介していきましょう。
      まず一つ目が、タンパク質を取り過ぎないことです。
      たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。
      腎臓の働きを良くしたいのであれば、まずはお肉や卵といった、タンパク質を
      取り過ぎないことが重要なんですね。
      あくまでも取り過ぎないということなので、まったく食べなくなるのは、逆効果
      なので注意しましょう。
      二つ目は、塩分摂取を控えることです。
      いつかのテレビでも紹介されていたとは思いますが、1日の塩分の摂取量は6gまでと
      決められているのはご存知でしたでしょうか?
      具体的にどれぐらいかわからないという方のために、ワンポイントです。
      ラーメンのスープをすべて飲み干してしまうと、それだけで6gに達してしまうのです。
      なので、できるだけ毎日の食事で塩分を徐々に少なくしていくことがポイントです。
      JUGEMテーマ:腎臓病

      スポンサーサイト

      2015.04.22 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする