スポンサーサイト

2015.04.22 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    長いスパンで病気と向き合い

    2015.02.21 Saturday

    0
      先天性腎疾患という病気をご存じでしょうか?
      これは、生まれながらにして腎臓の形成に異常をきたしてしまう病気です。
      現在、医学の発達とともに胎児の頃からこの病気を発見することが可能となっており、早期発見・早期治療により病状を改善することができます。
      ところで、胎児の頃からの腎臓病の原因はいったいどこにあるのでしょうか?
      子供が腎臓病・・・。そう聞いてしまうと、もしや遺伝では?と、不安になる親御さんは多いのではないかと思います。ですが、腎臓病の原因はさまざまで特定しにくく、遺伝であるとは言い切れません。
      それよりも、
      JUGEMテーマ:腎臓病
      、お子さんとともに病気と上手に付き合っていく方法を考えることがなによりも大切です。
      ■食生活による腎臓病の改善について
      腎臓病の治療には、食事療法が欠かせません。腎臓の負担を最小限に留めるためには、水分、塩分、タンパク質の制限が必要です。これは素人では判断が難しい部分ですので、医師と栄養士のもとできちんと管理指導が行われます。
      というのは、腎臓病によりまた別の病気を併発する恐れがあり、安易な判断は非常に危険であるということです。
      ■メンタルケア
      腎臓病を患っているお子さんがいちばん辛い。それは、ご家族の方も十分にご理解されているのではないかと思います。ですが、今度はそのご家族の方に対する心のケアが必要になります。
      お子さんの病状を心配するあまり、ご家族の方が心を病んでしまうという話は実際によく耳にします。
      そうなってしまわないためにも、患者であるお子さんとご家族の方に対して、周囲の方があまり神経質に接してしまわないような配慮が必要です。
      腎臓病は慢性的な病気ですが、症状を改善することができないというものではありません。そのためには、食生活を含めたお子さんの生活環境を整えること、そして、ご家族の方に対するメンタルケアが大切です。

      スポンサーサイト

      2015.04.22 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする